NISA_DeCo

【鋼のメンタルありません!】NISAとiDeCo豆腐メンタリストが優先すべきはどっち?

NISAとiDeCoどっちを優先すればいいの?資産運用を始めようと考えたときにまず最初に出ててくる問題だと思います。

鋼のメンタルを持たない、”豆腐メンタリスト”の私が考えをまとめています。

結論 まずはiDeCo、それからNISA

メガネ
メガネ
まずはiDeCo優先がいいです
なんで?
コトリ
コトリ
メガネ
メガネ
はい 具体的に説明します

iDeCoのメリット/デメリット

メリットデメリット
積み立て掛け金が全額所得控除原則60歳まで引き出せない
運用益非課税投資額に上限がある
スイッチング(かけ替え)が出来る受給時の受取金額によっては課税される
 投資商品の選択肢が少ない

NISA(積み立てNISA)メリットデメリット

メリットデメリット
運用益非課税 投資額に上限がある(NISA年120万円、積み立てNISA40万円)
掛け金の引き出しが自由投資期限に限度がある(NISA5年間、積み立てNISA20年)
スイッチング(かけ替え)出来ない
損益通算できない
投資商品の選択肢が少ない(特に積み立てNISA)
どちらにも良いところもあれば悪いところがあるから 人それぞれに思うけど
コトリ
コトリ
メガネ
メガネ
そうですね ではiDeCoを優先した方がいいポイントを3つ解説します

iDeCoを優先する理由① 所得控除

積み立て掛け金が全額所得控除になる

例えば年収300万円、他の企業型年金のないサラリーマンが毎月23,000円/年間276,000円をiDeCoに掛けた場合

年間27.6万×(所得税率10%+住民税率10%)=5.52万円節税になる

メガネ
メガネ
iDeCoに積み立てるだけで年利20%の商品を買っているのと同じことになります
確かに、20%確実に手に入る投資商品なんて他にないね
コトリ
コトリ
メガネ
メガネ
しかも掛け金は別で運用利益が出る可能性があります 問題点は60歳まで途中で引き出せな
それはいやだな
コトリ
コトリ

所得がそもそもない専業主婦や、所得額の少ない方は税金の負担軽減を受けれないので注意が必要です。

 

iDeCoを優先する理由② スイッチング(掛け替え)できる

NISA、つみたてNISAは一度購入した商品を売却するとその購入金額が年間の積み立て上限から差し引かれるため、再投資する場合、残りの年間投資枠を消費しないと購入できません。

iDeCoはスイッチング(掛け替え)が出来ます。

スイッチングとは

投資信託を買い替える事、現在保有している商品を売り、別の商品に掛け替える事で、利益を確定しリスクの低い商品に掛け替えたり、投資バランスを見直す事

投資信託によっては「信託財産留保額」というコストがかかります、過度のスイッチングはコスト倒れになる可能性があります。

売却と、再購入までに時間もかかります1週間ぐらいのタイムラグがあるので、タイミングを計るのも難しいので、やみくもにスイッチングしない方がいいです。

 

iDeCoを優先する理由③ 途中引き出し出来ない

あれ?それってデメリットじゃないの?
コトリ
コトリ
メガネ
メガネ
そうなんですが、私そんなにメンタル強くないんです

資産運用の極意は”途中で止めない””愚直にコツコツ継続する”です。

これが、なかなか簡単にできない。株価が下がると、元本割れして「止めておけばよかった」とか株価が急騰した時に「今利益確定して引き出したほうがいい」とかどうしても感情に左右されてしまいます。

これでは、長期積み立ての”複利効果”を最大限に発揮できません。

運用目的を明確に、初めに決めた事は貫き通す鋼のメンタルが必要です。

iDeCoの場合はこれを強制的に行う事が出来ます。

 

運用目的はなんですか?


資産運用の目的は人それぞれあると思いますが 「老後資金の為」という目的は誰にでも当てはまると思います。

老後2000万円問題や公的年金の受給開始引き上げ等、老後資金の不安要素は増える一方です。

仮にiDecoに毎月23,000円積み立て、浮いた税金分の年間55,200円を別途毎月(4600円)30年間利回り5%運用した場合このようになります

*5%リターンが出るかどうかは運用内容によるので必ずこの金額になるとは限りません

30年間で2297万円

メガネ
メガネ
複利効果ってすごいですね 年間利回り5% うまく運用できるかがカギです
老後2000万円問題解決じゃん
コトリ
コトリ
メガネ
メガネ
当然資産運用にはリスクがあります 経験や知識も必要なので 自己責任 自己判断でお願いします

 

まとめ まず資産運用を始めよう!老後資金をiDeCoで確保、余剰資金をNISAで運用

私も住宅資金の貯金や、子供の学費、その他FIREに向けた資産運用をしていますが、これらの資金はまず老後資金の確保をしてからだと思っています。

iDeCoは途中で引き出せないというデメリットもありますが、逆を言えば感情に流されず長期インデックス投資が出来るというメリットにもなります

資産運用自信がないけど、始めてみたいという投資初心者ならまずはiDeCoの所得控除のメリットを最大に享受、iDeCoで老後資金を確保してから、NISAで他の運用を並行しよう

メガネ
メガネ
インデックス投資の基本は「時間を味方につける」です豆腐メンタリストには強制的に継続できるiDeCoをおすすめします
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

【ブログランキングに参加しています】
記事内容が参考になれば、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA