NISA_DeCo

【2022年6月】奥さんと息子のつみたてNISA、ジュニアNISA

恐怖のSell in Mayが過ぎ去り、少しづつ落ち着きを取り戻したかに見える株式市場。上海ロックダウンも本日6月1日に約9割が解除、経済回復に期待したい所ですが、ロシア、ウクライナ侵攻はいまだ停戦には至っておらず、引き続きインフレ上昇が止まらない。日本でも日用品や野菜迄続々値上がりが始まっています。

そんな2022年6月「つみたてNISA」「息子のジュニアNISA」はどうなったでしょうか?

まだNISAを始めていない方や、これから始めようという方には、この運用結果を参考に、リスクに向き合いながら、積み立てNISAにチャレンジしてください

奥さんのつみたてNISA口座

SBI口座、つみたてNISA開始日2020年9月~
1年9ヶ月目

(2022年6月1日時点)
つみたてNISA預り合計金額 623,125円
拠出金累計 618,012円
損益 +8,375円
損益 +2.18%

(結果)
先月からさらに若干下げていますが、5月の指数下落を考えると、プラスで終わっているだけでOK。ひふみ投信のパフォーマンスがまだよくないですが、自民党の掲げる「1億総株主」時代に期待したい。

日本株は3月の2万5000を割り込んだ安値から反発から、2万7000円持ち直し。上海ロックダウン解除の影響をもろに受けているように思います。
日本はまだこれからコロナの規制解除の経済効果が期待できるので、円安追い風のインバウンド消費に期待。
米国経済は引き続きインフレ抑制の利上げ懸念でくすぶりそうなので、中国の経済復活が今後の日本のカギを握りそうです。

 

つみたてNISA ポートフォリオ

米国株の下落に対して、日本株がヨコヨコで耐えているように感じますが、ドル建てで見れば同じように下がっているという不思議。。

引用:米国株急落。でも日経平均が意外にしっかりのワケ

積立買付設定

商品タイプ運用商品名(略称)比率1ヶ月あたりの積立金額
海外株式SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド70%JPY 23,000
内外株式レオス-ひふみプラス30%JPY 10,000

 

投資比率は引き続き変更なし。今年はマイナスになる可能性も高いですが、下がった時こそ続けて安くなった所を多く積み立てるのが積み立て投資の基本なので、引き続き継続していきます。

息子のジュニアNISA

SBI口座、ジュニアNISA開始日2021年1月~
1年5ヶ月目

(2022年6月1日時点)
ジュニアNISA預り合計金額 159,320円
現金残高等(売却額)9,332円(うち売却益)1,832円
拠出金累計 159,004円
損益 9,647円
損益 6.07%

(結果)
ブロックチェーンのマイナスが引き続き厳しい中、コモディティが強い。相変わらずコモディティへの分散投資に助けられています。

奥さんのつみたてNISAより後から始めたこのジュニアNISAですが、パフォーマンスだけを見れば高い結果を出しています。
今年に限ってかもしれないですが、コモディティが株式との分散に効果を出しています。

 

ジュニアNISA ポートフォリオ


コモディティと金の比率が上がってきているので、もっと差が開くようであれば、タイミングをみてS&P500を買い増してリバランスしたいと考えています。

積立買付設定

商品タイプ運用商品名(略称)比率1ヶ月あたりの積立金額
コモディティ三菱UFJ国際-eMAXISプラス コモディティインデックス20.00%JPY 2,000
コモディティブラックロック-iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)10.00%JPY 1,000
テーマ株インベスコ-インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド10.00%JPY 1,000
米国株SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド40.00%JPY 4,000
日本アクティブファンドレオス-ひふみ20.00%JPY 2,000

S&P500の下落トレンドがいつ底打ちするかは判断できないので、引き続き積み立て投資で取得単価を平均化させていきます。

口座開設がまだの方は手数料の安いSBIがおすすめです↓

投資メモ

 

「Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day. 」
「5月に売って立ち去れ、セントレジャーデーまで戻ってくるな」

              -株式相場の格言

 

株は5月に売って9月に戻ってくればいいという株式相場の格言ですが、実際直近5年ではコロナショックの年以外5月より9月の方が株価が高かったようです。
参照:株式相場の格言「セルインメイ」とは

今年は年初から株価下落が続き5月も下げ続けていましたが、もしここが底だったとしたら、今年の9月は今以上の株価となっている可能性があります。

「セルインメイ」という言葉が独り歩きをして、投資家心理に影響を与えている事は事実としてありますが、この言葉を妄信するのではなく、冷静に実際の数字を見て投資判断出来るように日々情報収取していきたいと思います。


NISA口座開設は手数料最安値SBI証券がおススメです↓


【2022年5月】奥さんと息子のつみたてNISA、ジュニアNISAロシアがウクライナへ侵攻してからはや2カ月が経過、いまだ先の見えない戦争が続く中、上海では1カ月以上ロックダウンで中国経済が停滞。米国インフレ率上昇が止まらず、利上げペースを加速の懸念からナスダックを筆頭に株価暴落。日本では約20年ぶりに1ドル130円を超える円安も、金融緩和継続でさらに円安が加速するのではないかという懸念が広がっている。 あらゆるリスクが詰め込まれた2022年4月が終わり「つみたてNISA」「息子のジュニアNISA」はどうなったでしょうか? まだNISAを始めていない方や、これから始めようという方には、この運用結果を参考に、リスクに向き合いながら、積み立てNISAにチャレンジしてください...

【ブログランキングに参加しています】
記事内容が参考になれば、応援よろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA