NISA_DeCo

【2021年11月】奥さんと息子のつみたてNISA、ジュニアNISA

2021年11月 テスラが暴騰、史上最高値を更新中。
米国株はテーパリング織り込み済みなのか、勢いが止まりません。

日本では岸田政権発足後すぐに、衆議院選挙が行われ、自民党過半数達成で日本政府もひとまず安定、日経平均も3万円を再度目指す動きに。

さて、そんな10月も、愚直に積み立てたNISAの状況はどうだったでしょうか?

まだNISAを始めていない方や、これから始めようという方には、この運用結果を参考に、あなたオリジナルのポートフォリオを組んでみてください。

奥さんのつみたてNISA口座

SBI口座、つみたてNISA開始日2020年9月~

(2021年9月1日時点)
つみたてNISA預り合計金額 453,599円
拠出金累計 410,014円
損益 43,584円
損益 10.63%

先月から比較すると利益5%以上の上昇、中国の恒大ショックもひと段落、9月の面調局面では暴落まではいかない調整のまま、米国株の復活上昇。

 

つみたてNISA ポートフォリオ

新興国株は中国の下落が重しになり、まだまだ厳しい状況です。

日本株も3万円到達後すぐに調整が入り、渋い状況。

唯一米国株のみ堅調で、結局米国株しかかたんのか?

積立買付設定

商品タイプ運用商品名(略称)比率1ヶ月あたりの積立金額
海外株式SBI-SBI・新興国株式インデックス・ファンド0%JPY 0
海外株式SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド69.7%JPY 23000
内外株式レオス-ひふみプラス30%JPY 10,000

 

積立設定を来月から変更する事にします。

理由としては
・奥さんの積み立てNISAなので、この先20年近くの長期で売却をしないで保持する事を考えると、新興国への投資はあまり期待が出来なさそう。
・米国だけでもいいとは思っているが、日本はまだ失われた30年をこれから取り戻す可能性も有るので、積み立てを続けたい。

という事で米国(S&P500)と日本(レオス―ひふみ)の2本立てで今後積み立て続けていこうと思っています。

 

息子のジュニアNISA

SBI口座、ジュニアNISA開始日2021年1月~

(2021年8月3日時点)
ジュニアNISA預り合計金額 107,615円
拠出金累計 99,003円
損益 8,612円
損益 8.70%

・先月から約6%近くの上昇。ブロックチェーンがプラスに転換され、中国株のマイナスがひと段落。

・コモディティの上昇+米国指数の上昇が強かった

 

ジュニアNISA ポートフォリオ

積立買付設定

商品タイプ運用商品名(略称)比率1ヶ月あたりの積立金額
コモディティ三菱UFJ国際-eMAXISプラス コモディティインデックス20.00%JPY 2000
コモディティブラックロック-iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)10.00%JPY 1000
テーマ株インベスコ-インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド10.00%JPY 1000
米国株SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド40.00%JPY 4000
日本アクティブファンドレオス-ひふみ20.00%JPY 2000

 

こちらも積立設定を来月から変更する事にします。

理由としては
・長期目線で考えると新興国に積み立てるメリットが見いだせない。(結局お金が米国に集まっている)
・テーマ株を積み立て来たが、手数料のわりにパフォーマンスが悪く、結局手数料の安い米国指数に投資いている方が総合的に利益が出そう。
・投資先が多すぎると複雑なわりに、パフォーマンスが高くなるわけではない。

 

口座開設がまだの方は手数料の安いSBIがおすすめです↓

投資メモ

 

人の商い、うらやむべからず

ー投資の格言

「隣の芝生が青い」という言葉あるように、投資をしていると他人の利益報告や、爆益のツイート等を目にし、自分の投資のリターンが少なく感じ、このままでいいのかと悩んでしまう事が良くあります。

じぶんもチャンスを逃したくないと焦って判断を誤り、高値掴みし、結果損を出すこともしばしばあります。

そんな時は、この格言を思い出し、自分が決めたルール、目論見を支えに、ぶれない精神で投資に挑みましょう。

という事で、引き続き愚直にインデックス積み立て投資を続けていきます。

NISA口座開設は手数料最安値SBI証券がおススメです↓


【2021年10月】奥さんと息子のつみたてNISA、ジュニアNISA9月は中国の不動産大手恒大集団がデフォルト危機に陥り、一段と中国市場が不安定な状態に。 米国株はテーパリング織り込み相場に突入。金利上昇に伴い、ハイテク株に逆風が吹き、ナスダック、S&P500共に下落、調整局面に差し掛かってきました。 これに伴い、日経平均は一時期30000円を超えたにもかかわらず、世界経済の調整局面の影響を受け、再度28,000円台迄押し込まれる状況に。 さて、そんな9月の厳しい相場の中で、愚直に積み立てたNISAの状況はどうだったでしょうか? まだNISAを始めていない方や、これから始めようという方には、この運用結果を参考に、あなたオリジナルのポートフォリオを組んでみてください。...

【ブログランキングに参加しています】
記事内容が参考になれば、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA